ブラックホール  ~私の中二病のこころを掴んだ本~

月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」

 

サプライズプレゼントなら「月の土地」!

 

 

こんばんは!まこまこ#ことこです。

今日は、中二病の私が紹介したい本があります。本間希樹さんの【巨大ブラックホールの謎】です。

 

私は、小さいころから宇宙について興味があったので本屋に行ったときに『久しぶりにがっつりした宇宙関連の本を読もう』と思い買ってしまった本です(9月に大量に買った積読してあった本)。ブラックホールというだけで魅力がありますよね!?この本に書かれていることは、【存在はしているが、確認していないまたは謎のおおいということ】らしいです。

 

ブラックホールは、太陽の100万倍の重さがあり、銀河系に必ず一つはブラックホールがあるという感じらしいです。私たちから見れば太陽が中心のように感じと同じかな?、、、

『その世界観は、まだ本を読むだけでは実感出来ない。』そんな風に思いました。

 

 

さらに分かったことは、ブラックホールの周辺を回っているガスの降着円盤がめちゃくちゃ明るいらしく、ブラックホールを明るく見せているらしいです。(因みに光の速度で降着円盤は回転している(笑)。そして、その回転の摩擦により降着円盤が滅茶苦茶明るい)

 

これらを聞くだけでも『え?』という感じですが、さらに謎がある、、、、、興味も増えて謎も増えましたが、手これからも天体の本買いたくなりました。ではまた!

 

彼氏、彼女へのプレゼントなら「月の土地」!

返信を残す

必須項目には印がついています*