真夜中のお話 ~私の就活について~ リクルーター面談

 

アウトソーシングテクノロジー
会社説明会募集

 

ハローナビ就活

 

 

こんばんは。まこまこ#ことこです。

 

 

今日は、昨日の後輩に話した『私は就活について』話していきたいと思います。今内定もらった会社は、かなり特殊でした。その最初の選考のスタートは説明会+グループワークが始まりでした。時間は2時間で、10から20分は、会社説明。残りの時間は、グループワークでした。

クライアントからの要望、問題の改善がテーマでした。翌日、電話があり『面談しませんか』とあり、社員の方と喫茶店でお話がありました。【ざっくばらんに】ということでしたが、会社の志望動機や業界への志望動機などきかれました。正直、「面接じゃねぇか!」と心の中で思いながら、その日が終わりました。その週にまた電話があり、面談についての電話でした。『一体何なんだろう』と思い、ネットで調べてみました。

検索結果分かったことは、【リクルーター面談】ということが分かりました。

 

リクルーター面接とは、通称リク面。ある日突然携帯に電話がかかってきて 「当社の社員と1対1で対話をする時間を設けたいと~」と言われます。これがリク面のお誘いです。 リク面は、喫茶店や会議室で行われる事実上の面接です。

『へぇー』と思いながら、その後も部長や課長とも面談しました。その後最終面接があり次の日に内定もらいました。時期は6月の頭くらいが最終面接で、6月から面接解禁だったのでフライングして就活生との接触があったんだなぁと思いました。そんな就活だったので全然参考にならなかった感じで場違いな感じでした(笑)

 

若者正社員チャレンジ事業

経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業

返信を残す

必須項目には印がついています*